仮想通貨が2019年に価格上昇を期待できる3つの理由をわかりやすく解説

厳しい冬の時代が続いた仮想通貨ですが、2019年には大幅な価格上昇が期待できます。今回は、価格上昇が期待できる具体的な3つの理由をわかりやすく解説していきたいと思います。

理由その① 機関投資家が徐々に市場に参加してくる

2019年に価格の上昇が期待できるもっとも大きな理由は、機関投資家が市場に参入してくる可能性が高いという点です。機関投資家とは、年金基金や保険会社、ヘッジファンドなどの大口の投資家のことを指しています。

株式や債権などの市場規模の大きな金融商品は、こうした機関投資家の動きで価格が決まります。仮想通貨はこうした商品と比較すると、市場規模がまだ小さくなっています。そこで機関投資家の資金が流入してくれば、価格の大幅な上昇が期待できるのです。

これまでは、セキュリティや信頼性の問題で機関投資家は仮想通貨市場に参入することができませんでした。機関投資家は顧客から資金を集めて投資を行うという性質上、価格操作やハッキングのリスクが高い仮想通貨には投資することができなかったのです。

しかし、仮想通貨関連の規制が整ってきたこと、公的機関が認可した取引所への上場、信頼性の高い保管業務を行うカストディの増加などで、機関投資家の参入の芽が出てきているのです。

長期的な目線でみると、仮想通貨は実社会に大きなメリットをもたらします。機関投資家が行った顧客へのアンケートでも、仮想通貨に関心がある人が増えてきています。顧客ニーズに応える意味でも、機関投資家の参入は現実味を帯びてきているのです

理由その② 実需が生まれてきている

2017年年末から2018年初頭にかけて起こった仮想通貨バブルは、なぜその価格を維持できずに暴落したのでしょうか。それは、実需がなかったからです。

仮想通貨のバブルは1990年代末から2000年にかけて起こった、ITバブルとよく比較されます。ITバブルの頃は、パソコンもまだ満足に普及していない状態でした。それにも関わらず、関連銘柄が大幅な値上がりを記録したのです。しかし、実需がなかったITバブルは、仮想通貨バブルと同様に急速に沈静化していきました。

2019年現在、誰もがスマートフォンを使いIT技術の恩恵を受けて暮らしています。電気、水道、ガスと同じように暮らしを支える重要なインフラとして機能しているのです。

そして、仮想通貨もIT技術と同様に実需が生まれつつあります。たとえば、通貨危機が起こっているベネズエラでは、価値の保存先としてビットコインを選択する人が増えています。また、アルゼンチンでは公共交通機関で利用できるSUBEカード(日本でいうSuica)へのチャージに、ビットコインを利用することができます。

こうした動きは、欧州などほかの地域でも見られています。ウクライナの首都キエフでは、2024年のEU加盟を目指してボーダレスに利用できるビットコインを交通機関の料金支払いに導入する計画があります。

ビットコインをはじめとした仮想通貨は、その特徴が実社会にメリットをもたらすことが認知されてきています。そして、投資対象としてだけでなく根拠のある実需が生まれてきているのです。

ITバブルは復活までに10年以上の歳月がかかりましたが、テクノロジーの発達した現代社会であれば、仮想通貨の復活はそう遠くないと考えることができます

理由その③ 売りが一巡して取引高が増えてきた

ビットコイン取引高

仮想通貨が2019年に価格上昇を期待できる理由として、取引高が上がってきたことも挙げられます。上記の画像は、仮想通貨の価格関連の情報を配信するサイトCoinMarketCap(コインマーケットキャップ)のビットコインのチャートです。

画像の左側の赤枠で囲ったところは、バブル期のビットコインの取引高を示しています。この頃は取引高が高く、右に進むに連れて下がっていることがわかりますね。そして、画像の右側の赤枠で囲ったところが、現在の取引高を示しています。徐々にですが、バブル期の取引高が戻ってきていることがわかりますね。

取引高はその時間の中で、どれくらいの金額が取引に使われているかを示したものです。高ければ高いほど、市場の参加者が多いということになります。バブルの崩壊で多くの人が仮想通貨市場から去っていきましたが、ここにきてふたたび関心が集まってきているのです。

基本的に取引高が高くならなければ、仮想通貨の価格は上がりません。こうしたことからも、2019年は市場参加者がふたたび増え、価格の上昇が期待できるのです

まとめ

資産価値を増やせる

以上、仮想通貨の2019年価格予想を解説してきました。今回紹介したように、仮想通貨には価格が上昇することが期待できる確かな理由があります。2018年は厳しい冬の時代が続きましたが、2019年はその活躍に大いに期待することができるでしょう。

みなさんも今後の動向に、ぜひ注目してみてくださいね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。