仮想通貨の呼び名が「暗号資産」に変更|理由や背景をわかりやすく解説!

2019年3月15日、政府は仮想通貨の呼び名を「暗号資産」への変更と仮想通貨事業者の利用者保護などを盛り込んだ、資金決済法と金融商品取引法の改正案を閣議決定しました。金融庁が行った記者会見では、同法案を2020年6月までに施行することを目指すと発表されています。

仮想通貨がなぜ「暗号資産」に呼称変更されるのか、疑問に感じる方も多いでしょう。今回の記事では、変更の理由や背景をわかりやすく解説していきたいと思います。

仮想通貨が「暗号資産」に呼称変更

仮想通貨「暗号資産」

金融庁は今回の呼称変更には2つの理由があったとしています。

1つ目の理由は、国際的な流れを考慮したという点です。実際に、G20などの国際会議では仮想通貨(Virtual currency)ではなく暗号資産(Crypto assets)という呼び方が定着しつつあります。こうした国際的な枠組みで捉えた時に、国内でも同じ暗号資産の呼び名に統一したほうが、法規制などの面でも良いという判断に至ったようです。

2つ目の理由は、通貨という呼称が利用者に誤解を招きやすいということを挙げています。実際に2019年現在、通貨と呼ばれているものは国が発行するドルや円などの法定通貨を指しています。こうした通貨は、国が発行主体となりその価値を保証していますが、仮想通貨には発行主体による価値の保証はありません。市場での取引価格に応じて価値が決定されます。

たとえば、仮想通貨の中には法定通貨と価値が連動する、ステーブルコインと呼ばれるものがあります。ステーブルコインは「1枚あたり1円」といった具合で、法定通貨との交換を発行元が保証しており、ほかの仮想通貨とは少し毛色が違います。こうしたステーブルコインは、法定通貨に価値が担保されていることから、仮想通貨に該当しないと金融庁は見解を示しています。

つまり、金や株などのように市場での取引価格によって価値が決定するものを「資産」国や企業など発行元が価値を保証しているものを「通貨」と定義しているということでしょう。そのため、「通貨」という呼称は価値が保証されているものとして利用者の誤解を招きやすいと判断し、今回の名称変更に至ったようです。

なぜ「暗号資産」なのか

もう1つ気になるポイントが、なぜ「暗号資産」という呼び方なのかという点です。仮想通貨と呼ばれていたのだから、「仮想資産」でも良さそうですよね。この呼び名の背景には、仮想通貨の誕生の歴史があります。

世界ではじめて誕生した仮想通貨は、ビットコインといわれています。ビットコインはサトシ・ナカモトという人物が、サイファーパンクという団体のメーリングリストに投稿した論文を基に開発が行われました。

サイファーパンクは、暗号化の技術で個人の秘匿権(プライバシー)を守ろうという反政府組織です。サトシ・ナカモトが投稿したビットコインの論文には、サイファーパンクで開発された暗号技術が数多く使われていました。そして、その後誕生する仮想通貨にも暗号技術は引き継がれていきます。

つまり、仮想通貨は誕生から現在に至るまで、暗号技術と深いつながりがあるのです。こうしたことより、「暗号資産」の呼び名が使われるようになっていったのです。

暗号技術ってどんなもの?

暗号技術と聞くと、なんだか難しそうで普段の生活とは無縁なイメージがあるでしょう。しかし、暗号技術は私たちの暮らしの中でも頻繁に使われているものです。

たとえば、ECサイト(ネット通販)などがそのわかりやすい例の1つです。楽天やアマゾンなどで買い物をする時には、自分の個人情報やクレジットカードの情報を入力すると思います。

こうした情報は、個人のプライバシーに関わる重要なものです。もし第3者にその情報を知られてしまったり、そもそも情報の送信先がなりすましであった場合など、不正に情報を悪用されて何かしらの被害を受けてしまう可能性があります。

暗号技術を使うことで、自分の情報を第3者が解読不能な暗号にして送信することができ、情報を受け取った側はその暗号を元のデータに復元することで、リスクの低い安全な情報のやり取りができるのです。

野球の試合で、監督やコーチがベンチから選手へ送るサインをイメージするとわかりやすいでしょう。サインをジェスチャーで送る姿を見ることはできても、第3者にはそのサインがどういう内容なのかまったくわかりません

しかし、選手はサインの内容をあらかじめ理解しているので、監督やコーチの指示をほかのチームに悟られることなく受け取ることができます。暗号技術は、これをそのままWeb上に置き換えたものだと考えればOKです。

インターネットが発達して、多くの人がWeb上でサービスを利用するようになりました。それと合わせて個人情報の流出事件なども、見かけることが多くなったと思います。暗号技術は私たちの情報を守り、安全にやり取りするために欠かせないものとなっているのです。こうした生い立ちを知ると、普段のニュースも少し違った形で見えることでしょう。みなさんも、今後の動向にぜひ注目してみてくださいね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。