アイキャッチ

仮想通貨の市場は今後どうなる?長期的な予測を解説

2018年の年初、仮想通貨の市場は大きな盛り上がりを見せ、バブルを迎えました。

これによって数百倍や数千倍という、とてつもない値上がりを記録したものもあります。

その後バブルは崩壊し、現在ではほとんどの仮想通貨がピーク時の価格から、大幅に値下がりしています。

そこで今回は、バブル崩壊後の仮想通貨市場が、今後どのように変化してくのかを、仮想通貨のテクノロジーの面から検証していきたいと思います。

仮想通貨に将来性はあるのか?

仮想通貨将来性
仮想通貨と言えば「億り人」という言葉があるように、投資対象としての側面が注目されがちです。

しかし、仮想通貨には政府や大手企業も注目する、優れたテクノロジーが備わっています

その一例として、今回は「ブロックチェーン」「スマートコントラクト」という、2つの技術を紹介したいと思います。

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンは、仮想通貨の取引を記録するための技術です。

ブロックチェーンには2つの特徴があります。

1つ目の特徴は、「取引記録を紛失しない」という点です。

分かりやすいように、家でつける家計簿と比較してみましょう。

家計簿は、家で保管しています。そのため、もし家事などがあり家計簿が燃えてしまうと、その記録を紛失してしまいます。

これに対してブロックチェーンでは、ネットワーク上に分散して取引が記録されます。

そのため、仮に1ヶ所で記録を紛失したとしても、他の場所にも保管されているので、記録を紛失する心配がありません。

2つ目の特徴は、「取引記録が改ざんされない」という点です。

こちらも、家でつける家計簿と比較してみましょう。

家計簿はつける人の都合で、自由に書き換えることができます。

たとえば、奥さんが旦那さんに内緒で、高級な化粧品を買ったとします。

旦那さんにばれたくない奥さんは、食費や医療費などの他の支出として、家計簿に嘘の記録をつけます。

家計簿の記録をつけるのは奥さん1人だけなので、こうした不正な帳簿付けを行うことができるのです。

これに対してブロックチェーンでは、取引の記録を複数の人が行います。

嘘の記録を誰か1人がつけたとしても、過半数以上の人がその記録を正しいと認めなければ、記録として承認されない仕組みとなっています

そのため、ブロックチェーンの記録は改ざんできない正しい記録となるのです。

スマートコントラクトとは?

スマートコントラクト

スマートコントラクトは、直訳すると「賢い契約」という意味で、契約を自動で実行してくれる仕組みのことを指しています。

身近な例では、自動販売機があります。通常、何か商品を購入する場合、お店の人にお金を渡して、商品を受け取ります。

しかし、自動販売機は、お金を入れてボタンを押せば自動で商品が出てきてくれます。

商品を受け取るまでの流れの中に、第3者は誰も介入していません。

このようにスマートコントラクトでは、他の人の手を借りなくても契約を自動で実行することができます

2つの技術の具体的な活用例

2つの技術

仮想通貨から誕生したこうした技術は、さまざまなビジネスに応用することができます。

たとえば、ブロックチェーンは食品の産地管理にも使うことができます

これによって、産地を偽装できない正しい記録として残すことが可能です。

また、日本では過去に税金の支払い記録を紛失する事件が起こりました

これもブロックチェーンを税金の支払い管理に使うことで、紛失しない記録として残すことができます。

スマートコントラクトは、面倒な支払い手続きを、簡単にすることができます。

実際にフランスの保険会社のAXA(アクサ)は、スマートコントラクトを使った保険商品をすでに販売しています。

この商品では、航空機の遅延によるチケット代の払い戻しを、スマートコントラクトで自動で行います。

これによって、顧客は問い合わせをする手間が省け、企業側も問い合わせの対応と払い戻しの手続きを行わずに済むので、業務を効率的に行うことができます

このように、スマートコントラクトによって、既存のビジネスをさらに進化させることができるのです。

長期的に見れば仮想通貨市場は成長する

仮想通貨の市場は長期的に成長する

ここまで解説してきたように、仮想通貨にはさまざまな分野に応用できる、優れたテクノロジーがあります。

将来的には私たちの日常生活を、支えてくれる存在となるでしょう。

そのため、長期的に見れば仮想通貨の市場は、成長する可能性が非常に高いと言えます。

みなさんも今後の仮想通貨の動向に、ぜひ注目してみてくださいね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。